DAI-san

ファッションはメンタル改善にも役に立つ

DAI-san

私も40代前半でうつ病を経験しました。全てネガティブになり、自信をなくし、人と関わることからできる限り避けて生きたいと思う。わかります。一方で何とかこの環境から脱出したいと考える。それもわかります。私の場合は新しい洋服を着ることで前向きな気持ちになり、外向きな活動に変化できるようになった経験から『メンタルと洋服』の関係性について考えるようになりました。その結果、悩みや苦しみを『ファッションの力』で何とか解決できないかと思い、パーソナルスタイリストを始めるきっかけになったのです。

貴方にとってファッションとは何でしょうか?興味のない方にとっては、毎朝憂鬱に感じていることかもしれませんね。スーツを着る職業の方なら、シャツとネクタイを選ぶこと、そうでない方なら全身を考えなければならないのが毎日何よりも億劫な作業かと思います。

貴方が思う以上に人はあなたを見ています

会社勤務の方であれば、人に会わない日はないと思います。電車やバスの通勤中、会社ではもちろん同じ部署、違う部署多くの方と接します。特に役職やそれなりのポディションについていれば、注目度は高いはずです。『今日の〇〇さん、ちょっとダサくない』なんて女性社員に噂されていると考えたらぞっとしませんか!?逆に『今日の〇〇さん、かっこいいよね』と言われたくないですか!!貴方はそんな服選びと自分の演出できていますか?

外見力UPのコーディネート①

涼しげな爽やかな印象 

外見力UPのコーディネート②

少し柔らかな感じで好印象

外見を少し変えるだけで気持ちも前向きに

仮にファッションに興味のない方でも、外見を良く見せることは仕事の上でもプラスに働くことは間違いありません。働くビジネスマンの方にお勧めしたいのが、曜日によってテーマを決めることで服選びが楽しくになるということです。そしてきっと気持ちも前向きになり、通勤が楽しくなることでしょう!

仕事着テーマ

  1. 月曜日:会議があるから紺系のスーツで堅いイメージでいこう
  2. 火曜日:昨日と違って少し柔らかグレーのスーツで爽やかにいこう
  3. 水曜日:ノー残業デイだから、少しカジュアルにジャケット・パンツでいこう
  4. 木曜日:客先でプレゼンが重なるから、お気に入りのネクタイにチーフも入れていこう
  5. 金曜日:仕事帰りは会食があるから靴は綺麗なもので靴下も新しいものでいこう

グリーン系のネクタイは紺・グレーどちらにも合わせやすいカラーです

白黒モノトーンは女性受け間違いなし

休日着テーマ

  1. 土曜日:スポーツカジュアルでスニーカーにこだわりたい、スポーツブランドでいこう
  2. 日曜日:ゴルフに行って夜は家族で会食に出かけるおしゃれ着でいこう

白いパンツは休日にピッタリ。体型によっては太って見えるのでその場合はベージュでも良いです

色はたくさん使わず、統一感を出したほうが大人カジュアルになりますね。帽子から靴までグリーンで統一感がありGOOD。

クローゼットを見直し、無駄なものを処分してみる

と言いながらも何から始めたらということでお勧めしたいのが、まずクロゼット(タンス)の中で着ないものを思い切って断捨離してみることです。特に1年以上着ないものはほぼ1年後も着ないことが多いです。あと私も定期的に行なうのが靴の整理です。かかとや汚れ、劣化しているものがあれば思いきて整理しましょう。掃除と同じでやってみると気持ちもリセットされて気分がリフレッシュされるはずです。サステナブルな社会を目指す世界観で考えれば、メルカリなどを使って別の方に再利用できるものはしてみるのも良いかと思います。

まとめ

仮に40歳のあなたは、健康であればあと25年働く人生が残っています。そしてこれからもオンライン化が進んでも人との関わりは必ず必要ですし、PC画面越しの第一印象をどのように伝えるかで、ビジネスの成功やプライベートの充実に直結することは間違いありません。

そんな時、一番簡単な方法は洋服を変え、髪型を見直し、眼鏡を新調する。という行動力です。一方、気持ちの落ち込みや新たな自分への変化を前向きに考えた時、周りから、『雰囲気変わって、良くなったね』て言われてみたくないですか。それをお手伝いできるのが、パーソナルスタイルストの存在です。

日本人は義務教育で洋服を学ぶことはなく、育った環境で大きく損をしている男性は沢山います。服を変えるだけで『あなたらしさ』が伝わり、これからの人生明るく、前向きに生きるお手伝いを私ならできるかもしれません。

お問い合わせ