シャツ・タイ

ノータイ時、選択してはいけないビジネスシャツと着こなし

DAI-san

通勤服もクールビズの時期ですね。今回は意外と多いビジネスマンのシャツの選択の間違いについてご紹介したいと思います。

シャツの襟が複雑なデザイン

通販で買うと失敗するタイプ

こちらもビジネスには着こなしが難しいタイプ

・この手のデザインシャツは、量販店やネットなどでも多く販売されていて、一見お洒落に見えるかもしれませ んが、実は着こなすのが非常に難しいです。

・洗濯をすると襟にしっかりアイロンをかけていないとだらしなくなります。

・ノータイが通常だと思いますが、万が一ネクタイをする場合は、ネクタイ選びが非常に難しいです。首元が重いイメージになります。

第2ボタンまで開けてしまう着こなし

上記に書いたデザインシャツですが、見て頂くとわかるように第二ボタンまで開けてしますと、本人は涼しいと思いますが、第三者から見るととてもだらしなく見えます。

あと襟の内側ですが、が見えていますが、この手のデザインもおしゃれに見せるのは非常に難しいです。

これであれば、無地の方が良いでしょう。

スタイルが良い方でもお洒落に見せるのが難しく、体格が良い方はより注意しないとビジネスには不向きになります。

ボタンは第2ボタンまで閉めて下さい。

インナーに透けるTシャツを着ない

意外と多いのが、Yシャツの下に透けて見えるTシャツを着ることです。これは絶対NGです。

そしてもちろんですが、第一ボタンを開けていて下に白でTシャツが見えないようにインナーは工夫してください。

UNIQLOのAIRismのVネックが一番お勧めです色は白やベージュを選択して下さい。

半袖を選択しない(私感です)

クールビズの着こなしに反するかもしれませんが、本当にお洒落の方は夏場でも半袖シャツを選択しません。長袖を選択し、熱い夏場は腕まくりをします。これには様々な意見があると思いますが、特に細身の方は半袖シャツは貧弱に見えてしまいますので、体系隠しの観点からも、腕は見せない方が良いでしょう。最近は7分袖というものも販売されていますが、この選択は非常に中途半端ですし、見た目はお洒落に見えないのでお勧めしません。

ビジネスシャツ1枚でも選択と着こなしでイメージが大きく変わります。確かに暑い夏場にそんなお洒落を考えられないという方が多いと思いますが、そういう時だからこそ、周りの方からの印象は大きく変わると思います。

以上、参考になれば幸いです。私はギンガムチェックのシャツを今年は購入を考えています。

襟はボタンダウンが一押しです。だらしなく見えないのがいいですね。最近は綿100%でも皺になり難いものもありますのでそのようなタイプを購入すると毎日のアイロンがけも楽ですね!

ボタンダウンシャツとは襟に小さいボタンがついているタイプを言います。ノータイでもだらしなく見えないので夏場にはお勧めです。

お問い合わせ